エントリー

例大祭参加について

海原です、本日は例大祭参加のお知らせをば

黄昏フロンティアは今回「A17ab」にてサークル参加しております。
新作は特に無く、過去のゲームを用意していくつもりです。

と、新刊も出さずに何やってたんだと言われそうですが
ここからがメイン、例大祭のPlayDoujin!ブースにてなんと
「PlayStation 4」版の東方深秘録を展示頂ける事になりました!

魔理沙か霊夢を操作してプレイ可能な予定で
移植がどう進んでいるか、操作感はどうか確かめて貰える内容になっております

プレイヤーの方も、ゲーム触った事がないという方もご参加ください!

また、ステージイベントに参加する話も来ていまして
ZUNさんとゲーム情報をトークさせていただく予定です
会場ではよろしくお願いします!

PlayDoujin!例大祭出張所サイト

 

"PlayStation"は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

Ver1.31華扇オカルトについて

海原です、1.30での不具合に対応した1.31をリリースしました
更新よろしくお願いいたします。

今回、特殊なケースの修正があったためコメントさせていただきます。

バランス調整作業は、実験用のデータを作り実際に動かし検証
より適した、面白い性能になるかを試して評価で進行し
公開するデータを纏める段階で、検証不十分と評価された項目が
巻き戻される事で実際に適用される内容が篩い分けされています。

1.30の華扇オカルトの打撃化は、検証不十分で巻き戻すべき項目なのですが
今回こちらの手違いで採用に残ってしまっていました。

対応を検討したのですが、更新に含むべきでは無いと判断されていた
項目であった事を最重視し、本来の対応である巻き戻し処置を
1バージョン遅れで取る事とさせていただきました。

プレイヤーの方々に混乱させてしまった事を深くお詫び申し上げます。

ver1.30公開

東方深秘録、Ver1.30が公開されました。
当初予定ではもう少し早い時期でのリリースを目指していたのですが
告知の時期より遅れが出てしまい申し訳ありませんでした。

今回、プレイヤーの要望を受けて結界ガード入力の調整を加えました。
ガードボタンも検討したのですが
何もないところでボタンを押すとどうなるかなど
システムの根っこまで届くスケールの大きい話になるので
入力ミスをできるだけ平等にする、という一点のみに絞り
バックダッシュで隙をさらして貰う形で決着をつけました。

後ろ必殺技で切り返せてしまうキャラを使っている人からは
キッツーという声も聞こえていますが
概ね納得頂いてる方が多くほっと一息です。

マッチングは不安定さの改善に加え、ランクの選択機能
そしてひそかな目玉の観戦機能が追加されました。

対戦ゲームと言えば、上手いプレイを眺める事も楽しみの一つ
是非観戦OKの状態でマッチング参戦していただけると
自分も作業中は横で観戦したりしますので、色々助かります!

今後の更新は、不具合報告へ現在対応しており
一通り済み次第、1.31のリリース予定です。

最後に、1.30からゲームエフェクトに
えーでるわいす」のなるさん「にゃっほい屋」の水島貴志さんのご協力を得ており
この場を借りてお礼申し上げます。

大変魅力的なゲームをリリースされている方々ですので
プレイを是非お勧めしますぞ

ランクマッチテストのお知らせ

海原です、本日は3/7より開始予定のランクマッチテストのお知らせです

3/7より深秘録がVer1.22にアップデートされ、自己申告での部屋別ランダムマッチから
プロファイルと紐付けられたサーバー記録の戦績を用いる
ランクマッチへシステムを更新されます(IP接続での対戦は引き続きご利用可能です)

今回はマッチング運用、戦績管理テストという都合上
ver1.30までの間、Easy~Freedomのルームを一時的に停止させていただき
戦績もver1.30更新時に一度リセットを行う前提となっています。

テストでご不便お掛けし心苦しい所なのですが、ご理解頂けると助かります

東方深秘録 Ver1.20情報

海原です。
まず最初に次はVer1.12と言っていましたが、1.20に変更となったため訂正をば。
そして大変お待たせしていますが、公開は2/9に行う予定となりました。

Ver1.20は各キャラ個別の調整も含まれますが、大きいのは防御システム調整となり。
今回はそれらの変更点の中からピックアップしたいくつかご紹介させていただきます。

 

結界ガード変更点として、「ヒットストップ中の入力を受け付ける­」ようになりました
前バージョンではヒットストップ中に結界ガードを出せず入力が不発したり
多段ヒットでストップが掛かり続ける技に身動きができない問題があったため
一律ボタンを押せば相手を離せる、と挙動を分かりやすくしました

 

結界ガードに関する二つ目の変更点として
射撃に使用すると一定距離までは押し返せ、それより離すことは出来ない使用でしたが
1.20からはごく僅かな押し返し距離が発生するようになりました

ヒットストップ受付の変更と合わせ、多段ヒットする飛び道具に対しても
必殺ボタンを連打することで、間合い状況を変えることが出来るようになります

 

 最後は新システム、割り込み宣言についてです
スペルカード宣言の三種類目で、ガード硬直に割り込んで宣言し
近くに相手がいれば状況ほぼ五分で怯ませる事が出来ます

相手の厳しい連携に対する即解答になるシステムですが
早口宣言と異なり、こちらは必要ゲージ量が1000固定。
短ゲージのカード選択で割り込みは重視せず宣言の回転率をとるか
割り込み宣言を構えつつゲージを溜め一撃の機会を伺う長ゲージカードを選ぶか・・・

現在は新バージョンはバグ確認やキャラ個別微調整の最終テストとなっており
公開日まで今しばらくお待ちください。

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2017年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

Feed