エントリー

システムのお話

なんかえらい寒くなったなーと思ったら11月なんですねと
鍋でもつつきたい今日この頃

今日は調整の上で試行錯誤が難航している所で
昇竜のお話です。

前々から黒い話が絶えない無敵打撃技なんですが
ゲームシステムとの食い合わせの上で強烈な技で
「固めていたらスキカボタン連打してる相手に切り返された」
「相手のスペカが全部無敵技になってるんですけど」
「ガードしたのにキャンセルでターン取られた」
など、効果的な対処が限られるレベルで機能している上
デッキ組む上で無敵技があるだけでその系列のスキルが
ほぼ固定になるなど弊害も目立ちます。

無敵ブッパにリスクを相応に持たせられないか検討中で
何通りか検討したのですが、今の所一番効果があったのは
「スペカキャンセル不能」
ここまでやっても読み負けたときに痛い目見るだけで余裕の
実用レベルを維持している辺り恐ろしいカテゴリの技…


次は既存技調整のお話

強弱での差があまり無い技に今までより
差別化した特性を持たせる作業も進めていて
画像はレミリアのチェーンギャングで、強で出すと
敵を鎖で捕縛し、チェーンを伝って急接近する
連続技向け性能の技が出るようになっています

他にも速度差が明確になったり、範囲と発生のバランスを
偏らせてみたりと、適正範囲で調整が出来る物に関しては
色々変化があります

どの技がどう変わったかは、蓋をあけてのお楽しみで
上のもボツになるかもしれないですしね!

3枚ねぇ

光の四戦士買って来ました。
SAGA2の周回熱も落ち着いたところなので丁度良い感じ

さて天則1.10の動きについてボチボチとですが、システムの話で先行入力について一つ。
緋想天の頃は攻撃動作からニュートラルに移った瞬間に結構長い先行入力が効いてまして天則時に修正をした形なのですが
現在はあらゆる動作に短時間先行入力が効く、という形である程度以前に近い操作感と
バランスを両立できないかの調整を行っている形です。
登り攻撃が簡単に最速で出せるようになったのが気になる所で、丸く収まるかはまだハッキリしないところですね。

画像は霊夢の封魔亜空穴
範囲が広がってもあまりレベルアップの恩恵が無いなぁーという事で
範囲を広げるのではなく、複数セットでの連射タイプにしての調整実験光景です。

ここで書いたことや張ったものは作業が進むと全部無かったことになる可能性もあることはご了承ください。

悠久の蒸気機関

この動画を見て色々と満たされてしまったので、サントラでは別の方向性でいきたいと思います。

データの引継ぎについて

緋想天から非想天則へのデータ引継ぎですが、以下のようになっています。

非想天則の初回起動時に、インストーラーで設定した緋想天のインストールフォルダにあるscore.datから、取得したカードの枚数のみを引き継ぎます。
その後、非想天則のインストールフォルダにscore123.datを生成します。

score123.datが存在する場合score.datの読み込みは行われません。
つまり、非想天則起動後に緋想天をプレイし、データが更新されても非想天則側には一切反映されません。

また、緋想天のscore.datと非想天則のscore123.datには互換性はありません。
緋想天のscore.datをリネームして非想天則で使用するということは絶対にしないでください。
意図しない現象が発生する場合があります。

チケアクラはランス4以外に余り興味が無いタイプ

というわけで1.03公開です。
今回もバグ調整がメインと言うことで調整に関しては手を付けていない内容です。
修正の結果性能の上下変動が生じる類の物もあるわけですが…。

今後の予定に関しては、致命的なバグが出ない限り1.04のリリースは予定しておらず
調整をメインとした1.10に開発環境をシフトする形です
リリースから一月も経っていない状況ですが早くもキャラクターや技に関しては様々な情報が有り
それらを追って整理するのも一苦労でやりこみ勢のパワーは凄まじいですわ。

具体的な公開時期については今のところなんとも言えないです。
一キャラの調整を一日で終えたとしても一月近く掛かるわけで
そもそもそんな簡単に事が進む筈はないですからねぇ。

余り空白期間あけるのもアレなんで途中経過や調整で頭痛の種だったりする事については
ここで愚痴ったり、問い合わせの多い点について反応したりで
折角新調した日記なんで活用してみようかと考えてます。

さてそれではまた。

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2018年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

Feed